2016年 02月 03日

マップケースメーカーN-Systemとのコラボレーション

電動マップホルダーの快適性と安全性を、誰でも体感できるように。N-System様と年をまたいで暖めてきた企画がカタチになりました。どこにでもある段ボールと市販工作キットでつくる「DENDAN」です。

f0212326_15574185.jpg

f0212326_12193165.jpg

▲乾電池仕様なので、どこでもかんたん気軽に取り付けられます。スタンダード状態(笑)では防水性はないので、雨天が予想される場合は透明ビニールなどで包んでくださいね。

使えばわかる電動マップホルダーの快適感。だけど、それなりにお値段がはるモノをお試しで、というわけにいきませんよね。そんなとき、近年流行の兆しを見せている3Dヘッドマウントディスプレイのテスト用段ボールバージョンをみかけて「こんなふうに個人が気軽に手作りできたら」というアイデアを話したところ、N-System様が本気で開発に取り組んでくれました。

f0212326_132031.jpg

▲こんなふうに分かりやすい説明書を作成していただいています。

まずはこれをきっかけに電動の使い心地を試すもよし、N-System様の本格ホルダーを購入するもよし。セカンドバイク取り付け用にするのもいいかもしれませんね。

DENDANはアプリケーション開発ではおなじみの、ドネーション課金制度としてみました。使って気に入ったら1口100円をあなたのお気持ちだけお支払いいただければ、と。基本無料のものですが、開発者のやる気とここまでかけた多大な労力を買っていただければと切にお願いいたします。

●DENDANダウンロードはこちらから

f0212326_13351583.jpg

▲さて、N-System様には本年度からDOA協賛をいただいています。まずは春のマザー牧場からとなりますが、その前にメインプロダクトの電動マップホルダー「MH-04」も手元に届いています。国内外各地のラリーで好評を博しているこの機種。マウント機材や手元スイッチなどまとめて解説およびレビュー、DOA試走での使い心地などもこれからお伝えしていきます。




[PR]

by doorofadventure | 2016-02-03 13:37 | 2016年大会


<< 春ドアもーすぐ開きます。      2016年開催予定 >>