Door of Adventure

doorofadv.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 26日

三橋ツアーはトークでもサポート

f0212326_17372898.jpg

ダカールライダー三橋選手がアテンドする「Jun38c Tour」では、サインハウス社様のご協力でヘルメットインカム・B+comをツアー参加者全員にお貸し出しすることが決まりました。

f0212326_1737110.jpg

※ツアーイメージ

これまでのアテンドツアーでは先導者が後続を常に気にかけたり、インストラクターが最後尾の場合は先を行く参加者がきちんとルートを辿れるか不安がつきまとうものでした。B+comのようなコミュニケーションツールがあればこうした不安が払拭されるのはもちろん、三橋選手のようなトップライダーからいままさに必要なライディングアドバイスが受けられるという他にないメリットもあります。なにもなければ、道中は最近数々のトークショーで冴えわたる華麗な話術をお楽しみいただけるかと(?)

f0212326_17382235.jpg

この企画を考えるきっかけとなったのは、先日このサイトでご紹介したサインハウス白松社長とB+comを愛用する俳優大鶴義丹さんとのコース走行でした。広大な敷地内でもグループがばらばらになることはなく、またブラインドでの危険回避にも効果的。これをアテンドツアーに重ねあわせてみると、仮に不測の事態が起こったとしてもいちはやくリカバリーができるのではないかと思い至ったのです。

実際、サインハウス社のご担当者のお話によると、B+comの購入者の中にはグループツーリング道中でのトラブルを経験したことで導入を検討するというケースも少なくないそうです。

f0212326_1742548.jpg

※ツアーイメージ

DOAではコマ図ルールに不慣れな方を対象にした「レイド」というグループランを毎回走らせていますが、道中アドバイスが効果的なこちらにこそ今後はこういったコミュニケーションツールを導入していくことで、エントリー層の方々にも心強いものになるのではないかと考えています。

ヘルメットインカムとしてのB+comのクリアな音声や途切れにくさ、スマートフォンとの連携などは、ツアー参加者以外にも会場でお試しいただけるよう現在準備中です。



[PR]

by doorofadventure | 2016-04-26 17:52 | 2016年大会


<< インフォメーション1送付      2016春・マザー牧場 エント... >>