「ほっ」と。キャンペーン
2017年 01月 26日

春のオフィシャル・スポンサー(1/26更新)

春もたくさんの協賛社様のご協力のもと、DOAを開催できます。ぜひ各社にご注目をお願いいたします。(随時更新)

f0212326_01062322.jpg
●まずは、開催地・マザー牧場。首都近郊に広大な敷地を有する、ご存知人気の観光牧場です。牛や羊、アルパカなどの動物たちと触れ合いはもちろん、抜群の眺望を誇る観覧車やゴーカート、バンジージャンプなどのアトラクションも楽しめます。前夜祭の食事は場内でのジンギスカン食べ放題!! エントラント1名分の入場料もDOA参加費に含められているうえ、同行者も割引価格にてご提供。今年はラリー前の土曜日にゆっくり観光できますね。

f0212326_17422492.jpg
●カスタムシートの老舗・K&Hにも、引き続きご協賛いただきました。ハーレーやBMW R1200GSなどで熱烈なファンを持つ同社がいまひじょうに力を入れているのが新アフリカツイン用シートの開発。足付き性向上のためにただ座面を下げるだけではなく、ライディング時の快適感や見た目のスタイリッシュさにも深い拘りを持って取り組んでいます。会場では1200GS用とともに新アフリカシートもお試しいただけるでしょう。


f0212326_01110862.jpg
●純国産ラリーメーターとして人気を博しているrc-7(あーるしーなな)。その多機能ぶりと高い信頼性で、国内のラリーシーンはもちろん、日本から世界のラリーに挑むライダー達にも近年多数採用されています。基本機能のみに絞ってリーズナブルな価格で購入できる機種でも、その後ソフトウエアアップデートによる「全機能解放」が可能という、マニアックな仕様が泣かせます。


f0212326_01153035.jpg
●チタン合金ボルトのトップブランド・ベータチタニウム(日本特殊螺旋工業株式会社)ロードレース世界選手権Moto2カテゴリーに参戦しているIDEMITSU HONDA TEAM ASIAや、全日本ロードレース選手権JSB1000クラス・ヨシムラチームへの全面供給でも知られています。軽さが勝利に直結する自転車レースでも有名どころ。当日は各種ボルトセットに加え、デモサイクルをお持ちいただけるとか。


f0212326_01243436.jpg

●こちらも純国産で定評ある電動ルートマップホルダー・N-System。2017年から完全新作の電動機をリリースとのことですが、webサイトもただいま移転作業中で連絡が取りづらいため、オーダーなどありましたらDOA経由でもどうぞ。
f0212326_01430176.jpg

DOAとのコラボレーションによるエントリー層応援企画、自作ダンボール製電動マップホルダー「DENDAN」もぜひご利用ください。


※敬称略 ※この項目随時更新

[PR]

by doorofadventure | 2017-01-26 01:35 | 2017年大会


<< KTMおよび協賛窓口ご案内(2...      春エントリー受付、間もなく(1... >>