2017年 03月 24日

3月は道探し

いつものデスクワークコンボ(締め切り => 入力データ内容確認 => 入金確認 => 参加者インフォメーション作成&発送 => エントリーリスト作成&公開。いいかげんこのへんは自動化したいものですが、大量エントリーを効率的に処理するマラソンなどの管理システムを活用するには、かなしいことにDOAの規模ではまるで予算が合いません)の合間を縫って、3月は新ルート開拓の旅に出ていました。

f0212326_22062084.jpg
まずは菜の花咲き乱れる南の方へ。あいにく天候には恵まれず・・・

f0212326_22081839.jpg
いくつか取り入れてみたいルートがありましたが、どんどんどんどん舗装されてしまっていて意気消沈。この道は山頂へ続くあいだ一軒も民家はないのですが。

f0212326_22110636.jpg
面白いロケーションもたくさんあるのですが・・・。

f0212326_22242627.jpg
ここは割り切って、ダートなしDOAというのも検討段階に差し掛かっているのかもしれません。ラリーの面白さはダート走行だけではないのですから。この週はこれで終わり。

f0212326_22134579.jpg
気を取り直して、再探索に出かけた週。わりとよく見つかるのが、小さな集落の裏道から踏み分け跡が続く、まるでいまでも使われているような里山道です。

f0212326_22131645.jpg
近年使われていないと思しきそんな里山道も、多少の倒木を整理したらもしかしたら何処かへ続くのでは・・・と期待して乗り越えていくと・・・ 
f0212326_22165703.jpg
・・・もっとすごい倒木が地平線まで(?)続いていて、諦めざるを得ません。こういうところ行きたいというのならがんばりますけど、DOAはそういうイベントではありませんね。

f0212326_23314054.jpg
苔むした丸太。どれだけ人の通行がなかったかわかります。

f0212326_22182482.jpg
いいところまで続いているのに、崖崩れしたまま放置されている道も数知れず。往来がないので行政に修復依頼する人もなく、このまま朽ちていくのでしょうね。崩落土の上に立って向こうを見れば数百メートルで山むこうにたどり着く、もったいない道です。

f0212326_22565482.jpg
ステキな切り通しダートですが

f0212326_22571877.jpg
大雨で道がなくなってました。ここもこのまま忘れられてしまうのでしょう。

f0212326_22205024.jpg
また、国土地理院の地図をもとになんとかがんばってヤブを進んでいくと・・・

f0212326_22214263.jpg
とつぜん目の前が開けたと思ったら、広大な砂取り場で行き止まり。東京オリンピックを前に房総半島からものすごい勢いで山が消えつつあるのを皆さんご存知でしょうか? 砂を取り終わった空き地にはソーラーパネルが敷き詰められて。のどかな南房総の風景が様変わりしつつあるのは寂しいですね。
f0212326_22264453.jpg
道が忘れ去られつつあれば、そこに置き去りにされたクルマもまた・・・。

f0212326_22274847.jpg
開拓、といってもDOA春の舞台となる千葉県房総半島のバリエーションもたかがしれたもの。それでも3〜4泊の集中探索を3回ほどまとめてやってみると、数十年通い続けたこのエリアでも新しいルートが拓けるのだから不思議です。この苔だらけのおそろしーーい道も大発見のひとつ。こんなところを見つけられた自分を褒めたい気分。

f0212326_22292318.jpg
静岡の茶畑のようなロケーションも新発見。段々畑を横目に見ながらダートのワインディングを上り詰めていく、南向きのほのぼのしたいい風景です。

f0212326_22303069.jpg
あ、今回は行けるかどうかわからない分岐にひたすら飛び込んでみる「道探し」が目的なので、セロー号を使用しています。セローでしか行けない道というわけではないのであしからず。この粘土道ヒルクライムはかなりライダーとマシンを選ぶので今回はパス。

f0212326_22312770.jpg
今回の三種の神器。ずっと使っているGarminのGPSに加え、iPhoneとiPadが探索装備。

f0212326_00301141.jpg
以前は国土地理院地図を現場で確認するためにどうしてもMacbookが必要でしたが、ようやくiOSアプリが地図対応したためです。荷物も軽くなり、大画面でポイントとポイントのつながりも確認できるためかなり道探しがラクになりました。

f0212326_22332395.jpg
くまも・・・にせもんもまた通過ポイントになりそうです。

もう少し道探しを続けて、つぎはルートマップ描きの旅になります。




[PR]

by doorofadventure | 2017-03-24 22:34 | 2017年大会


<< 最終試走でした      DOA春2017 エントリーリ... >>