Door of Adventure

doorofadv.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 22日

【夏DOA】マップホルダーとゼッケンプレート

いよいよ今夜からエントリー開始の自転車ラリー「夏のDOA」。アクセスもぐんと増えているのですが、同時に「マップはどう固定したら?」「ゼッケンプレートの大きさ指定は?」という問い合わせも増えてきました。

それぞれにサイズはありますが取り付け方法は自由。ですが、方向性ぐらいは示しておきたいので、主催者的にこういうものでいいのではないかという作例を採り上げることにしてみました。

f0212326_13492318.jpg
▲主催者はこういうふうにして試走を行いました。実用上問題がなかったので作例としてご紹介します。さあつくってみよう(^^)/!

f0212326_13573863.jpg
▲まずゼッケンプレート。当日配布するステッカータイプのゼッケン(A4の1/4サイズ、おおよそ横150mm☓縦105mm)を貼付するベースを用意してください。雨天や悪路の状態を考えると耐水性のあるものがいいでしょう。作例ではPPクラフトシートを使用。ホームセンターなどによくあります。

f0212326_13584541.jpg
▲切り出します。作例のサイズは横170mm☓縦130mm。ゼッケンジャストサイズよりも、取付用の孔を開けるため若干ゆとりを設けてください。それから大事なことですが、必ず角を丸く落としてください、うすいPPでも鋭利な先端は怪我の元です。

f0212326_14051427.jpg
▲完成。仮のゼッケンを貼ってみました。ゼッケン部分に印刷されているQRコードと目視で到着チェックを行うので、タイラップ(結束バンド)などで必ず前面に取り付けてください。写真ではバンドの先端が飛び出ていますが、こちらも必ず角を丸める処理を行ってください(目に入ったりすると、危険です)

f0212326_14074847.jpg
▲つづいてマップホルダーの製作。当日主催者より、こうした形でマップが配られます。A4横サイズで、15〜16枚がホチキス留めされています。モーターサイクル版では中央で切り離して縦に繋ぎ、ロール状に使うことがメジャーですが、自転車ではもう少し簡便な方式でいいでしょう。

f0212326_14112083.jpg
▲ステムのトップに、ペーパークリップをタイラップで固定しました。いわゆる目玉クリップというものでは挟み込む力が弱いので、こういう山形クリップのほうが使いやすかったです。

f0212326_14150805.jpg
▲横から見るとこんな感じ

f0212326_14163858.jpg
▲クリップの上部にサイクルメーターを取り付けると、マップの距離部分からの視点移動が少なくて済みますね。

f0212326_14180135.jpg
▲ハンドル切ってもじゃまになりにくいです。

f0212326_14190283.jpg
▲(あまり考えたくないですが)雨のときは、ジップロックなどでの保護を忘れずに。

これはあくまでも一例。100均ショップにありそうなクリアファイルやクリアボックスの応用、あるいはまさかの本格ロールホルダーの製作などなど、工夫と使いやすさを両立する形状にはまだまだ創意工夫の余地がありそうです。ぜひ当日は車検担当者を驚かせてください(^^)/

(オマケ)

f0212326_01450024.jpg
▲100均ショップで見つけたクリップボードもなかなか良さそう。これの真ん中あたりに孔を開けて、ステムの上に固定すれば、膝もぶつからないですね。

f0212326_01482861.jpg
▲あの「パリダカ」も初期の頃はこうしてクリップボードが大活躍でした。


[PR]

by doorofadventure | 2017-05-22 14:27 | 2017年大会


<< 2017夏・エントリー      夏DOA・開催概要 >>