Door of Adventure

doorofadv.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 05日

2017夏・エントリー

Door of Adventure = RALLY CRANKING = 2017夏のお申込みは下の「DOAエントリー時の注意点」から。

DOAエントリー時の注意点
[PR]

# by doorofadventure | 2017-07-05 23:59 | 2017年大会
2017年 05月 22日

【夏DOA】マップホルダーとゼッケンプレート

いよいよ今夜からエントリー開始の自転車ラリー「夏のDOA」。アクセスもぐんと増えているのですが、同時に「マップはどう固定したら?」「ゼッケンプレートの大きさ指定は?」という問い合わせも増えてきました。

それぞれにサイズはありますが取り付け方法は自由。ですが、方向性ぐらいは示しておきたいので、主催者的にこういうものでいいのではないかという作例を採り上げることにしてみました。

f0212326_13492318.jpg
▲主催者はこういうふうにして試走を行いました。実用上問題がなかったので作例としてご紹介します。さあつくってみよう(^^)/!

f0212326_13573863.jpg
▲まずゼッケンプレート。当日配布するステッカータイプのゼッケン(A4の1/4サイズ、おおよそ横150mm☓縦105mm)を貼付するベースを用意してください。雨天や悪路の状態を考えると耐水性のあるものがいいでしょう。作例ではPPクラフトシートを使用。ホームセンターなどによくあります。

f0212326_13584541.jpg
▲切り出します。作例のサイズは横170mm☓縦130mm。ゼッケンジャストサイズよりも、取付用の孔を開けるため若干ゆとりを設けてください。それから大事なことですが、必ず角を丸く落としてください、うすいPPでも鋭利な先端は怪我の元です。

f0212326_14051427.jpg
▲完成。仮のゼッケンを貼ってみました。ゼッケン部分に印刷されているQRコードと目視で到着チェックを行うので、タイラップ(結束バンド)などで必ず前面に取り付けてください。写真ではバンドの先端が飛び出ていますが、こちらも必ず角を丸める処理を行ってください(目に入ったりすると、危険です)

f0212326_14074847.jpg
▲つづいてマップホルダーの製作。当日主催者より、こうした形でマップが配られます。A4横サイズで、15〜16枚がホチキス留めされています。モーターサイクル版では中央で切り離して縦に繋ぎ、ロール状に使うことがメジャーですが、自転車ではもう少し簡便な方式でいいでしょう。

f0212326_14112083.jpg
▲ステムのトップに、ペーパークリップをタイラップで固定しました。いわゆる目玉クリップというものでは挟み込む力が弱いので、こういう山形クリップのほうが使いやすかったです。

f0212326_14150805.jpg
▲横から見るとこんな感じ

f0212326_14163858.jpg
▲クリップの上部にサイクルメーターを取り付けると、マップの距離部分からの視点移動が少なくて済みますね。

f0212326_14180135.jpg
▲ハンドル切ってもじゃまになりにくいです。

f0212326_14190283.jpg
▲(あまり考えたくないですが)雨のときは、ジップロックなどでの保護を忘れずに。

これはあくまでも一例。100均ショップにありそうなクリアファイルやクリアボックスの応用、あるいはまさかの本格ロールホルダーの製作などなど、工夫と使いやすさを両立する形状にはまだまだ創意工夫の余地がありそうです。ぜひ当日は車検担当者を驚かせてください(^^)/

(オマケ)

f0212326_01450024.jpg
▲100均ショップで見つけたクリップボードもなかなか良さそう。これの真ん中あたりに孔を開けて、ステムの上に固定すれば、膝もぶつからないですね。

f0212326_01482861.jpg
▲あの「パリダカ」も初期の頃はこうしてクリップボードが大活躍でした。


[PR]

# by doorofadventure | 2017-05-22 14:27 | 2017年大会
2017年 04月 30日

夏DOA・開催概要

f0212326_16154493.jpg

イベント名称

Door of Adventure 2017 = RALLY CRANKING =


開催日・実施タイムテーブル

201785日(土)〜6日(日)11日 ラリーは土曜の1日のみ。制限時間12時間

04:00ごろ:当日受付開始

05:00ごろ:ライダーズブリーフィング後、ウエーブスタート

17:00ごろ:会場にゴール

ゴール後:アフターパーティ

宿泊:会場内体育館、もしくは校庭でのキャンプ泊が可能

翌日曜日:周辺観光しながらのんびりご帰宅ください。

※タイムテーブルは現在の仮予定です。


開催場所

千葉県富津市にある元学校施設を拠点に房総半島全域


開催概要

Door of Adventure 2017 = RALLY CRANKING= 」は、拠点となる千葉県富津市にある元学校施設をスタートして未舗装路を多数含む約160kmの距離(予定。距離は前後します)を、コマ図やコンパスなどを用いながらライダー自身のナビゲーション能力でルートを見つけて走るラリーツーリングです。通過車両の確認を行うチェックポイント(CP)は数箇所設けますが、エイドステーションの設営はありません。またルート上でのサポートは一切ないので、自身やマシントラブルに対応するリカバリー能力もライダーに求められます※。

このイベントは2010年より東北地方および千葉県で開催してきたモータースポーツ版ラリーイベントDoor of AdventureDOA)の実績をもとに、自らの力だけでルートを切り拓いていくラリーの楽しさ・難しさ・醍醐味を、より一般的なスポーツギアである自転車を用いることで、より多くの方々に挑戦していただける舞台として企画しました。


コマ図とは?概要説明ページ


 ラリーツーリングとは、配布されたマップをもとにルートを見つけて走るツーリングのことで、タイムやスピードを競うものではありません。ルート上には多数の商店や自動販売機があります。最後尾からスタッフバイクによるルート上のクリアリングや回収車によるスイープ作業を行います。また、ハーフディスタンス・エントリーも予定しています。


アクセス

高速道路やアクアラインを使えば都心からでも12時間でアクセスできる房総半島。いままで観光で訪れたことがある方も大勢いらっしゃるはずです。今回ラリーで通過する地域のほとんどもなんとなくおなじみの場所ばかりでしょう。しかし、そのおなじみの場所がコマ図やコンパスなどのラリー的デバイスを通して走ることで、まったく違う風景に様変わりする驚きと面白さ。ラリーというものを知る第一歩、そんなふうにこのイベントをご利用ください。


ルート

ルートのおよそ1/4〜1/3は未舗装路を使用します。東京湾に面した市街地から外房へ。コマ図を読み解きながら自分自身のナビゲーション能力で先を進みます。幹線道路はあまり通りません。穏やかな里山風景のなか快適に走れる舗装路、昼なお光が差さない苔むした簡易舗装の林道、思うように距離を稼げない拳大の石の転がるグラベルロード、もちろん南房総といえ侮れない急峻な山岳路もあり、100kmを大きく超える走行距離と相まって総合的な体力・脚力が求められます。しかし海あり山ありと変化に富んだ南房総のロケーションを満喫する多彩なルーティング。この地域を熟知したコースディレクターによる、地元の方でもあまり知られていない珍しい風景もたっぷり。完走の暁には大きな満足感と達成感が得られるでしょう。


ホスピタリティ

スタート/ゴール会場は元学校施設のため、広々としたグラウンドと体育館が利用できます。会場内に荷物を置いたまま、自家用車を停めたままにできます。場内備え付けの水道により、複数の簡易水シャワーを設営予定です(10キロ内に温泉もあり)。ゴール後の土曜夜のアフターパーティは地元富津の皆様による地元食材をふんだんに用いた多彩なバイキング形式の夕食。出張カクテルバーやビールサーバーなどの飲食カウンターもご用意いたします。


参加資格

16歳以上の健康な男女。誓約書への署名を求めます。未成年者は保護者の署名が必須。

ラリールートを走れるのは、主催者がコマ図を配布した参加者のみです。参加者以外の同行者がルートを併走することはできません。


車両・必須装備

公道を安全に走行・停止できる二輪自転車(車種不問。ただし未舗装路の走行多数あるため、MTBなどのオフロードタイプを推奨)。安全性を確認するため車検を実施します。

・前照灯の装備もしくは携帯。後部反射鏡の装備。ベルの装備。

・コマ図内の距離を読むためのサイクルメーターの装備。もしくはスマートフォンのアプリなどが必須。

・ゼッケンプレート。サイズ、装着イメージについては公式サイト内にて解説。

A5幅サイズのマップが装着可能な装備。クリアファイルなど。マップの概要、装着イメージについては公式サイト内にて解説。

・コンパス(方位磁石)もしくはGPS、スマートフォンなど、方位方向が分かるもの。

・自転車乗車専用ヘルメット

・携帯電話


◆推奨追加携行品:パンク修理道具、各種ツール、非常用携帯食料・水、ファーストエイドキット


◇ゴール後、体育館内にて宿泊希望の方は、マットとシュラフなどの寝具をご持参ください。


最低催行人数

50名〜

エントリー締切段階で最低催行人数に達しない場合、中止となる可能性があります。その際は、事務手数料(500円)を除いたご入金額を返金いたします。


賞典

完走賞ほか。今回は順位表彰を行いませんが、参考タイムの計測および到着時間発表。これらは今後の競技形式導入の参考資料とします。


エントリー受付

201752223時より公式サイト内 http://doorofadv.exblog.jp/ にてエントリー受付開始予定。7524時締切予定。受付後登録メールアドレスへ、参加者向けインフォメーションを送付。


・過去のモータースポーツ版DOAイベント実績や最新情報は公式イベントブログから

フェイスブック公式イベントページでも情報発信中 

・急ぎのお問い合わせは公式メール doorofadventure(アットマーク)gmail.com 

もしくはFacebookページのメッセンジャーにて(リアルタイム受信しています)


エントリーフィー

10,000/人(含アフターパーティ(夕食)、参加賞・完走賞、会場宿泊費)

※ハーフディスタンス・エントリーについては準備中

エントリー締切以降のキャンセルにつきましては返金不可となります。ご了承ください。


主催

Project DoorsDoor of Adventure 主催者代表:山原真治)


後援

千葉県富津市

富津市観光協会


協賛

(随時更新)

※詳細については今後変更の可能性があります。




[PR]

# by doorofadventure | 2017-04-30 16:12 | 2017年大会
2017年 04月 28日

夏DOAの概要まもなく

開催予定だけ告知したまま放置している夏のDOAですが、5月上旬には概要をリリースできそうです。開催は8月上旬。おそらくほとんどの皆さんの想像とはまったくちがうイベントになると思いますが、たくさんの方に参加していただきたいと企画しています。もうすこしお待ちを。



[PR]

# by doorofadventure | 2017-04-28 22:53 | 2017年大会
2017年 04月 22日

N-System 新型電動マップホルダーMH-05

N-Syetem製の新型電動マップホルダー「MH-05」を取り付けました!! 前型から改良ポイント盛りだくさんで、アップデートというよりもまさに「新型」という今回のモデルです。

f0212326_16481674.jpg
アンボックスです。一新した本体とベースプレート、ボルト/ナット類。今回は手元トグルスイッチも変わりました。

f0212326_17042916.jpg
樹脂製のボディは頑強なアルミ製へ。ケースの厚み(奥行き)も増しています。

f0212326_17055463.jpg
新旧比較。ボディ形状と部品構成をすべて再検討。巻取り最大径、最大コマ図幅は従来より大幅に増しています(最大巻径:55mm 最大コマ図幅:165mm)。今回のDOA春は細かい分岐が多く、マップのコマ数が随分多くなってしまいましたがそれでも余裕で巻き取れそうです。

f0212326_17082092.jpg
中身の構造もずいぶん変わりました。以前は巻取り軸プーリー駆動だったものが、今回からガイドパイプをギアで駆動するものに。マップが絡まったりしたときなどモーターに負荷がかかったとき、プーリータイプは滑ることでモーターの焼き付きを防止しますが反面巻取り力不足になりがちです。

f0212326_16570129.jpg
MH-05はギアで確実な動作を実現しながら、大負荷がかかったときに空転させるトルクリミッターを装備して耐久性も向上しています。モーターもパワートルクともに従来の1.5倍増!!

f0212326_17091310.jpg
ベースプレートの厚みも2mm→2.5mmに。たった0.5mmなのにガッチリした印象です。ダートでプレートの端にあるラリーメーターが振れて数字が見づらかったのがしっかりピントが合って見えます。ある回転域で生じていたビビリ音などの不協和音も収まりました。形状も新たに見直し、ベルクロテープの位置決めがしやすいようにケース下部をぴったり合わせられる曲げ角度になっていました。

f0212326_17153020.jpg
車体との取り付けに使われるクランプ用のホールも上下にたくさん。好みの高さに合わせやすい配慮です。

f0212326_17165403.jpg
手元のトグルスイッチは大型かつ防水防塵仕様に。いざ使おうとしたときに指先が「スカッ」と空を切らないのはいいですね。旧型標準セットにない防水カバーをわざわざ調達しなくていいのも助かります。

f0212326_17191846.jpg
さっそく取り付けです。以前記事にもあるように、コネクターをベースプレート背面でまとめるようにしてから取り外しが楽になりました。ここまで来ている、ラリーメーターの配線や電源ケーブルを同じコネクタで差し替えるだけ。

f0212326_17222746.jpg
新型はハーネスやコネクターが太く頑丈になりましたので、ちょっとケースに入れるにはきつくなりましたがこれは良い方向の変更点です。

f0212326_17231894.jpg
手元スイッチが大型になったのでそこのマウント方法を変えた以外はスムーズに取り付けできました。旧ベースではすこし高すぎたホルダーとメーターのマウント位置が、自分好みの高さと角度に。私はわりとスタンディングで乗るほうなのでマップ面をもっと寝かせたかったのです。ブルーの保護シートをかけたままのトップカバーはポリカーボネイト製。ロングタイプにすることで、ガムテープなどで目の前にメモを貼り付けるスペースを確保しています。

f0212326_17265678.jpg
動作チェックです。春DOAのながーいコマ図28ページをテスト用にセット。旧型ですべて巻き取るのに約2分かかりましたが、新型ではなんと50秒!! 1.5倍どころではないじゃないかとN-Systemから送られたセールスポイントをあらためて読むと「オーダーに応じ2.0倍の高速モーターへの換装も可能。これは高速版です」と、ちゃんと書いてありました。すごい!! もちろんマップ後半の低トルク感など微塵も感じませんでした。使い勝手としてもマップを最初にセットするときもケースに十分な奥行きがあるので巻取り軸に指が届きやすかったですね。

f0212326_17385746.jpg
旧型にはなかった緩み防止ベルトもはじめからセットされています。

f0212326_17400779.jpg
外観も中身も大きく生まれ変わったN-Systemの新型マップホルダー。私が旧型を使いながらあれこれワガママにリクエストした内容がすべてフィードバックされたすばらしいものに仕上がってました。今シーズン秋にむけてこれからのルート開拓・試走では、実際の使い勝手もインプレッションしていきたいと思います。

※かなりオーダーが集まっているとのことで、イベント参加予定の方はご注文お早めに!!



[PR]

# by doorofadventure | 2017-04-22 17:46 | 2017年大会
2017年 04月 20日

オフィシャルフォト販売します

スタートシーン、ルート上でのライディング、キャンプサイトや表彰式での姿などなど約600枚、約3GBのデータ量があります。今回のDOAマザー牧場の参加記念にまとめてどうぞ。

f0212326_12252857.jpg

ぜんぶで2,000円です。

カメラマン役のスタッフにはなるべくエントラント全員を撮影するよう依頼しました。どこかにはいなくてもどこかのロケーションには写っているはず・・・です。仮に自分が写っていなくても、今回の会場やルートの様子も含め、DOA全体の思い出にしていただければ。スタッフワークの合間に撮影したアマチュアのものなので、ハイクオリティなものはご期待されないようお願いいたします。

ご購入はカメラマンに直接メールでご連絡ください。

qqxrn491(a)ybb.ne.jp サクマツトム (a)を@に
 ↓
折り返しで振込口座をご連絡。
 ↓
ご入金を確認しだい、データダウンロードアドレスをお知らせします。


お安く設定していますので、ぜひとも一人ワンセットご購入にて(お仲間とシェアするのはご遠慮を)。利益はすべてカメラマンのものになりますので、協力してくれたスタッフへのご援助を、ぜひぜひよろしくお願いいたします。


[PR]

# by doorofadventure | 2017-04-20 12:29 | 2017年大会
2017年 04月 18日

春の公認ビデオです

プロカメラマンの大久保賢ニさんが、DOA春の2日間をまとめたムービーをつくってくださいました!!



強風の中の設営、賑やかな前夜祭、そして山ありヤブあり海ありのラリーデイ!! さすがプロの仕上がり! とくとご堪能ください。

●大久保賢ニ:ビデオオフィスクワトロ代表 フォト・ビデオグラファー KTM1190Adventureライダー。そして三児の父。



[PR]

# by doorofadventure | 2017-04-18 22:28 | 2017年大会
2017年 04月 17日

DOA春マザー牧場、無事終了。

f0212326_21562883.jpg
青々とした芝のキャンプ場に、桜満開のラリールート、そして爽やかな新春の青空! 春開催で思い描いていたイメージ通りのイベントとなりました。振り返ってみれば、春の開催はもう4回目になりました。

ご参加いただいた皆様はじめ、開催にあたって多大なるご支援とご尽力いただいたマザー牧場様、ご協賛いただいたKTMジャパン様、K&H様、rc-7様、ベータチタニウム様、N-System様、協力窓口となっていただいた各ディーラー、運営を支えてくれたスタッフの皆、そのほか関係するすべての皆様に深く感謝いたします。

このあとの予定)
近々に参加者への写真販売のお知らせ、最終リザルトの発表(失礼、春はリザルト非公開の方針でした)、参加者のネット投稿ご紹介などを予定しています。当イベントブログを主体に順次インフォメーションしていきます。



[PR]

# by doorofadventure | 2017-04-17 22:07 | 2017年大会
2017年 04月 13日

会場展示&試乗車両のご紹介


直前になりましたが情報出揃いました! 土曜の日中はエントラント以外の方でもご来場いただけますので、各社最新のアドベンチャーモデルをぜひお試しください。

f0212326_21485850.jpg
つい先日発売開始となったばかりの1290Adventure Rがやってきます。KTMアドベンチャーラインの新旗艦として、現在考えうるすべての電子デバイスを満載。初登場時はこの巨体が自在に荒野を走るさまが驚きとともに各動画サイトを賑わしたのも記憶に新しいところ。



f0212326_21524173.jpg
ダカールラリー連勝記録を伸ばし続けるReady to Raceの真髄を上質に味わうことのできる逸品ですね。

f0212326_21550309.jpg
アドベンチャーラインをよりライトにまとめ上げた1090Adventureもやってきます。1290にはない軽快感がお気に入りだと、先日のダートツーリングでYoYo社長も。両車のセールスポイントはぜひ会場で直接聞いていただきたいのですが、1290と1090はまだ数少ない貴重な実車ですので展示のみとなる予定です。試乗可能かどうかは係員にお尋ねください。



原サイクル official website
f0212326_10010356.jpg

BMW正規ディーラーである原サイクル様は、ベストセラーである水冷R1200GS Adventureと・・・
f0212326_22220415.jpeg
社長自ら各地のラリーに参戦する際にライディングしている1200GSラリー仕様車をお持ち込みいただけます。より実践的なセットアップがきっと参考になるでしょう。

f0212326_22240384.jpg
Husqvarnaディーラーとしては、昨年ものすごい勢いで数を増やした701Enduroに珠玉のパーツをこれでもかと満載した日本限定の特別仕様車を。上記三台、こちらも試乗については原サイクル様にお尋ねください。


ハスクバーナ東名横浜 official website
ハスクバーナ車両について現在調整中です。


ホンダドリーム荻窪 official website
ホンダ車両について現在調整中です。


大鶴義丹
f0212326_22342001.jpg
すっかりアドベンチャーバイクに目覚めてしまった俳優・映画監督の大鶴義丹氏が、オフロードでの走りをさらに高める新アフリカツインを目指して現在カスタム中の愛車を展示。

f0212326_22540946.jpg
氏の体格にフィットしたK&H社のSPLシートをはじめ・・・

f0212326_22560678.jpg
ダートに特化したタイヤ選択肢が拡がるSPLホイールの装着など、現在も着々とプランを進めています。こちら展示はK&H社様のブースをお借りしますが、仕様について詳しくは、現地でご本人にお尋ねください(えっ!?(@▽@)/)
☆新ATの野生を解き放つカスタム計画 俗称「野生のエルザ計画」はこちら各社の協力で進行中:K&H ライダーズランドYOYO エキセル RKジャパン ビーラバー ボンサイモト

その他
某250ラリーはエントラントのご厚意で試乗させていただけるという話もありますので、見かけましたら直接交渉してみてくださいね。



[PR]

# by doorofadventure | 2017-04-13 23:16 | 2017年大会
2017年 04月 10日

インフォメーション2送付

いよいよ今週末ですね!! 参加者の皆さんには改訂版のインフォメーションをお送りしました。ダウンロードできない、メールが届いていないなどありましたら、主催者メールまたはFacebookメッセージなどでお知らせください。
f0212326_00271119.jpg



[PR]

# by doorofadventure | 2017-04-10 00:27 | 2017年大会
2017年 04月 07日

最終試走でした

仮でつくったマップを見ながら、スタートからゴールまで全ルートをチェックする、通し試走を行ってきました。

f0212326_02000357.jpg
出発前に、マザー牧場近隣でロケを行っていた、モータースポーツジャーナリスト丸山浩さんナビゲーターのバイクTV番組「ライクアウィンド」の撮影にすこしおじゃましてきました。ゲストはプライベートの山行でも遊んでもらっている俳優の大鶴義丹さん。今回のテーマはアドベンチャーマシンの遊び方とか。

f0212326_02060703.jpg
爽やかな海岸ルートから少し入るともう今回の「チャレンジ」セクションです。まるで先が見えないように見えますが・・・

f0212326_02073748.jpg
実際、さっぱり先が見通せません(^^;; これオンルートです。木々の間をなんとか通り抜けてください。もちろんフラットツインの横幅でも大丈夫ですよ。マップにヒントが描いてあるので、ここは隠してます。

f0212326_02042424.jpg
さらにチャレンジが続きます。どーーーーしても除去できない倒木が。前後の方と協力してがんばって乗り越えてください。私はひとりでしたけどね・・・。

f0212326_02110954.jpg
そんなこんなでチェックしながらなので、日が傾いても試走は続きます。あちこちで山桜が見事でした。今回はタイミングがピッタリ合って、お花見ラリーになることはまちがいないでしょう。

f0212326_02123652.jpg
すこしざんねんなお知らせも。ずいぶん舗装化が進んでいたのと、災害の影響で工事中の区間が増えていました。当日は予期せぬ迂回指示の可能性もあります。暗くなった林道で困惑しながらも、迂回路を探して苦労しました。試走用の機材をご提供いただいているラリーメーターrc-7のトラックバック機能と視認しやすい照明が頼りです。また、白紙に記入しながらの作業のためカバーを外しっぱなしでホコリや雨にまみれても最後までしっかり駆動してくれたN-Systemの電動マップケースにもたいへん助けられました!(^^)/ 

f0212326_02240572.jpg
いつものここに差し掛かると、今年も始まるんだなーと。今回の通しテストで4周。1周約200kmですので、だいたいルートだけで800km。現地への移動を含めると1000km以上は軽く走ってますが、いつもなにかやり残したような気持ちだけが残ります。

さて、この試走の結果をもとにマップの清書が終わったら、インフォメーション2を参加者の皆さんにお送りします。




[PR]

# by doorofadventure | 2017-04-07 02:29 | 2017年大会
2017年 03月 24日

3月は道探し

いつものデスクワークコンボ(締め切り => 入力データ内容確認 => 入金確認 => 参加者インフォメーション作成&発送 => エントリーリスト作成&公開。いいかげんこのへんは自動化したいものですが、大量エントリーを効率的に処理するマラソンなどの管理システムを活用するには、かなしいことにDOAの規模ではまるで予算が合いません)の合間を縫って、3月は新ルート開拓の旅に出ていました。

f0212326_22062084.jpg
まずは菜の花咲き乱れる南の方へ。あいにく天候には恵まれず・・・

f0212326_22081839.jpg
いくつか取り入れてみたいルートがありましたが、どんどんどんどん舗装されてしまっていて意気消沈。この道は山頂へ続くあいだ一軒も民家はないのですが。

f0212326_22110636.jpg
面白いロケーションもたくさんあるのですが・・・。

f0212326_22242627.jpg
ここは割り切って、ダートなしDOAというのも検討段階に差し掛かっているのかもしれません。ラリーの面白さはダート走行だけではないのですから。この週はこれで終わり。

f0212326_22134579.jpg
気を取り直して、再探索に出かけた週。わりとよく見つかるのが、小さな集落の裏道から踏み分け跡が続く、まるでいまでも使われているような里山道です。

f0212326_22131645.jpg
近年使われていないと思しきそんな里山道も、多少の倒木を整理したらもしかしたら何処かへ続くのでは・・・と期待して乗り越えていくと・・・ 
f0212326_22165703.jpg
・・・もっとすごい倒木が地平線まで(?)続いていて、諦めざるを得ません。こういうところ行きたいというのならがんばりますけど、DOAはそういうイベントではありませんね。

f0212326_23314054.jpg
苔むした丸太。どれだけ人の通行がなかったかわかります。

f0212326_22182482.jpg
いいところまで続いているのに、崖崩れしたまま放置されている道も数知れず。往来がないので行政に修復依頼する人もなく、このまま朽ちていくのでしょうね。崩落土の上に立って向こうを見れば数百メートルで山むこうにたどり着く、もったいない道です。

f0212326_22565482.jpg
ステキな切り通しダートですが

f0212326_22571877.jpg
大雨で道がなくなってました。ここもこのまま忘れられてしまうのでしょう。

f0212326_22205024.jpg
また、国土地理院の地図をもとになんとかがんばってヤブを進んでいくと・・・

f0212326_22214263.jpg
とつぜん目の前が開けたと思ったら、広大な砂取り場で行き止まり。東京オリンピックを前に房総半島からものすごい勢いで山が消えつつあるのを皆さんご存知でしょうか? 砂を取り終わった空き地にはソーラーパネルが敷き詰められて。のどかな南房総の風景が様変わりしつつあるのは寂しいですね。
f0212326_22264453.jpg
道が忘れ去られつつあれば、そこに置き去りにされたクルマもまた・・・。

f0212326_22274847.jpg
開拓、といってもDOA春の舞台となる千葉県房総半島のバリエーションもたかがしれたもの。それでも3〜4泊の集中探索を3回ほどまとめてやってみると、数十年通い続けたこのエリアでも新しいルートが拓けるのだから不思議です。この苔だらけのおそろしーーい道も大発見のひとつ。こんなところを見つけられた自分を褒めたい気分。

f0212326_22292318.jpg
静岡の茶畑のようなロケーションも新発見。段々畑を横目に見ながらダートのワインディングを上り詰めていく、南向きのほのぼのしたいい風景です。

f0212326_22303069.jpg
あ、今回は行けるかどうかわからない分岐にひたすら飛び込んでみる「道探し」が目的なので、セロー号を使用しています。セローでしか行けない道というわけではないのであしからず。この粘土道ヒルクライムはかなりライダーとマシンを選ぶので今回はパス。

f0212326_22312770.jpg
今回の三種の神器。ずっと使っているGarminのGPSに加え、iPhoneとiPadが探索装備。

f0212326_00301141.jpg
以前は国土地理院地図を現場で確認するためにどうしてもMacbookが必要でしたが、ようやくiOSアプリが地図対応したためです。荷物も軽くなり、大画面でポイントとポイントのつながりも確認できるためかなり道探しがラクになりました。

f0212326_22332395.jpg
くまも・・・にせもんもまた通過ポイントになりそうです。

もう少し道探しを続けて、つぎはルートマップ描きの旅になります。




[PR]

# by doorofadventure | 2017-03-24 22:34 | 2017年大会
2017年 03月 22日

DOA春2017 エントリーリスト(確定版)

お待たせしました。まだ確認取れない方が何人かいるので「暫定版」。近日中に確定します。
3/24確定しました。番号が大きく変わった方もいらっしゃるのでご確認お願いいたします。

1カセヒロシ東京都KTM1190 ADVENTURE
2コムロマサオ千葉県BMWR1200GS
3イシダトオル東京都YAMAHASEROW225
4ウエハラヒロシ東京都BMWR100GSAD
5ミタニフミヒコ神奈川県YAMAHASEROW250
6ヨネザワトモヒロ神奈川県YAMAHATT250R
7タジマコウジ千葉県TRIUMPHBonnevilleT100
8ウラナカトモハル千葉県BMWR80GS Basic
9ヤイタヒロキ千葉県BMWR1200GS ADVENTURE
10イグチアツシ東京都KTM690ENDURO
11イイヅカススム東京都YAMAHAWR250R
12コマツタカユキ東京都KAWASAKIKLX250
13クラサワヒトシ長野県KAWASAKIKLX125
14モトザワマサル東京都SUZUKIDJEBEL200
15カツテヒロフミ東京都BMWR1200GS
16イノウエタイシ埼玉県KTM950ADVENTURE V
17モリミツチカラ神奈川県HONDACRF250L
18サンペイキミヒロ神奈川県YAMAHAXT1200Z SUPER TENERE
19ウエダタク東京都KTM400EXC-R
20サタマサミ千葉県BMWF650GS Dakar
21カブトヤジュン神奈川県YAMAHAXT660Z TENERE
22タイシノリヒト埼玉県HusqvarnaTE250
23フジワラノブヒロ愛知県YAMAHASEROW225
24ワガツマカツシ東京都HONDACross Cub
25ササキサトル神奈川県BMWF800GS
26ツチヤウンカイ愛知県CAGIVAELEFANT900M
27トゥルーネック ミッチェル埼玉県HONDACRF1000L Africa Twin
28マスダカズキ神奈川県HONDACRF1000L Africa Twin
29ワダヒロシ静岡県BMWR100GS
30ツカコシトシユキ神奈川県HONDAFTR223
31ナガマツヒデカズ東京都BMWR100GS
32コマツノリユキ埼玉県BMWR100R CLASSIC
33ホリタツロウ神奈川県KTM990ADVENTURE
34イチマルトモヒサ静岡県SUZUKIV−STROM1000 ABS
35カネヒラナオキ東京都HONDACRF250L
36ミハラリュウジ神奈川県HONDACRF1000L Africa Twin
37ナカジマアキヒコ東京都YAMAHASEROW250
38ミウラケンジ静岡県HONDAXR650R
39ツジグチタカシ神奈川県KTM1190ADVENTURE R
40タナカアツシ埼玉県HONDAXLR80
41オガワフジオ埼玉県HONDAXR650R
42コヤナギカナメ東京都KTM690ENDURO R
43マツモトヒデキ東京都KTM1190ADVENTURE R
44サイダヨシヒロ東京都KTM690ENDURO R
45ヨシオカテツヤ東京都KTM990ADVENTURE R
46ミズイデセイイチ東京都KTM1190ADVENTURE
47コンドウケンジ神奈川県KTM690ENDURO R
48テラモトツヨシ東京都KTM350EXC-F
49イノウエヒロトシ埼玉県Husqvarna701ENDURO
50ナガレタダヨシ長野県HusqvarnaTE125
51ヨコヤマヒロシ埼玉県BMWR1200GS
52ノグチヤスユキ
千葉県YAMAHATT250R Raid
53コジマサトシ東京都Husqvarna701Ebduro
54マツキシンイチロウ東京都Husqvarna701Enduro
55ゴカツデオサム東京都HONDACT110 Hunter Cub
56ミヤザキヨシオ新潟県BMWF800GS
57イノキイチロウ埼玉県HONDACRF250L
58シズナミアキラ埼玉県Husqvarna701E
59ホリエカズオ茨城県BMWG450X
60オノセユタカ茨城県YAMAHAWR250F
61サイトウヒトシ茨城県YAMAHAWR250R
62セリザワハルヒコ福島県HONDATRANSALP
63ハヤサカジュン青森県YAMAHAWR250R
64コジマノボル東京都YAMAHAWR250F
65ホシノタケオ神奈川県HusqvarnaTE250
66ツクイカズノリ神奈川県HusqvarnaTE250
67ハセガワミノル福島県KTM950SER
68イイツカアキラ茨城県BMWHP2 ENDURO
69シミズアキヒロ茨城県SUZUKIDJEBEL250
70オガワタカシ茨城県YAMAHAWR250F
71オガワスナオ茨城県YAMAHAWR250F
72クロサワヒデキ東京都KTM1190ADVENTURE R
73タナカジュン東京都HONDAXR250 BAJA
74イマイヨシユキ埼玉県HONDACRF250 Rally
75マタノリュウタロウ東京都HONDACRF1000L Africa Twin
76カワタニキヨシ東京都HONDACRF1000L Africa Twin
77ハシモトクニアキ東京都HONDACRF1000L Africa Twin
78イケダリュウジ千葉県YAMAHAWR250F
79ヤマモトマサキ千葉県YAMAHAYZ250FX
80ウメノミチアキ千葉県HONDAXR650R
81キタコガユウスケ神奈川県KTM690ENDURO R
82ミツイマサカズ東京都BMWF800GS
83オオツカユウジ東京都KTM690ENDURO R
84オオイシアキラ東京都BMWF800GS
85クマクボカズヒロ神奈川県BMWR1200GS
86イチハラヒロシゲ東京都BMWR1200GS ADVENTURE
87フジワラセイゴ東京都BMWR100GS
88カリヤススム東京都HONDAXR250
89コバヤシマサユキ東京都BMWR1200GS LC
90ウチヤマミチヒロ東京都BMWR1200GS ADVENTURE
91イイノアキラ東京都BMWR1200GS LC
92ゴトウヨウスケ東京都YAMAHASEROW225
93イチムラセイジ東京都BMWR1200GS
94ムラサワユタカ東京都BMWR1200GS
95ヨシノヒロタカ東京都Husqvarna
701Enduro
96ワコウヒデシゲ宮城県BMWR nineT
97スズキセイジ静岡県YAMAHATT250R Raid
98イノウエリュウヘイ東京都KTM640ADVENTURE
99マメタジュンイチ東京都HONDAXR250BAJA
100ヨシムラケンゴ茨城県HONDACRM250AR
101カワサキマサアキ埼玉県HONDACRF1000L Africa Twin
102シマコウジ東京都HONDACRF1000L Africa Twin
103ニシムラケン東京都HONDACRF1000L Africa Twin
104ダイトウフミカズ神奈川県HONDACRF250 Rally
105カワダヨウスケ埼玉県BMWR1200GS ADVENTURE LC
106モリシゲジョウ神奈川県HONDAXR250
107ウスイリョウ神奈川県KTM250EXC-F
108コジマ サトシ神奈川県YAMAHAWR250F
109サクライ アヒト神奈川県KTM530EXC-R
110ヨシカワメグミ東京都HusqvarnaFE350
111ヨシカワトシフミ東京都SUZUKIDRZ400
112ウンノミチヨ神奈川県HONDASL230
113ミコサワカズノリ東京都YAMAHAWR250R
114ミツイヒデタカ埼玉県HONDACRF1000L Africa Twin
115ミツイナツコ埼玉県HONDASL230
116サカモトタカヒコ神奈川県HONDACRF1000L Africa Twin
117トオヤマテツヤ東京都HONDACRF1000L Africa Twin
118トウバルキヨシ東京都HONDACRF1000L Africa Twin
119タジマショウ埼玉県BMWR1200GS ADVENTURE
120サカイツヨシ東京都HONDACRF1000L Africa Twin
121サカイユウ東京都YAMAHASEROW250
122アオヤギヒデキ東京都HONDAXR250
123ヤマザキ タカユキ埼玉県HONDACRF1000L Africa Twin
124ナカモトマサノリ大阪府YAMAHAXT660Z
125カメザキヨシヒサ大阪府HONDAXR250BAJA adv
126ナカムラアキラ茨城県Husqvarna701ENDURO
127ハセガワアキコ千葉県BMWF650GS
128ハギワラオサム東京都YAMAHAWR250R
129ウエヤマチカラ東京都HONDACRF1000L Africa Twin
130カモシダリツジ東京都GASGASEC4T
131キタヤスオ東京都YAMAHAWR250R
132ハラタケシ埼玉県BMWR1200GS
DNSウエタイッコウ埼玉県HUSABARG
FE450



[PR]

# by doorofadventure | 2017-03-22 14:07 | 2017年大会
2017年 03月 21日

参加者インフォメーション送付

参加者の皆様の登録メールアドレスへ、インフォメーションのダウンロードURLをお送りしました。続けてお送りした2通目にパスワードを記載していますので、併せてご確認ください。 不達のご連絡を多くいただいています。ダウンロードリンクに問題があるようで表題(4送目)DOA春インフォメーションとしたメールが無事届いているようです。ご確認ください。


f0212326_04222329.jpg

※エントリーリストまとめにもう少し時間がかかります。公開までもうしばらくお待ちください。


[PR]

# by doorofadventure | 2017-03-21 04:22 | 2017年大会
2017年 03月 16日

ただいま集計中

DOA春2017は昨夜エントリーを締め切りました。エントラントは130名少し超えるぐらい? 同行者は20名ぐらいになるかと思います。今回もたくさんのお申込みありがとうございます。

f0212326_11102108.jpg

ただいま未入金などの確認作業中。いま現地調査に出ているため、エントラント各位へのインフォメーション送付、リストの公開は週末〜明け月曜を予定しています。それぞれ、もう少しお待ちください。



[PR]

# by doorofadventure | 2017-03-16 11:13 | 2017年大会
2017年 03月 14日

当日はこんな流れで・・・

現在のエントリー数130名。今回もたくさんのお申込みありがとうございます(^^)/

f0212326_08445621.jpg

締め切り後しばらくしてからお送りするインフォメーションに、集合場所やタイムスケジュールを記載しますが、今回はじめての方が多いのでかんたんに当日の流れを・・・


4/15(土)
13:00ごろ 前受付・前車検、設営、試乗(予定)、マザー牧場観光
19:00ごろ マザー牧場内レストランにてジンギスカン
20:00ごろ ブリーフィング、前夜祭〜 そのまま場内キャンプ泊


4/16(日)
06:00ごろ 当日受付・車検
08:00ごろ スタート
15〜17:00ごろ ゴール=帰着順に順次解散
※表彰形式検討中


時間はまだ調整中ですが、大まかにこんな流れです。 


エントリーは水曜日24:00まで。すでにお申込み済みの方も締め切りまでにお振込みをすませてください。「入金=エントリー確定」ですよ!! 毎回振り込み忘れている方の確認に時間を取られますので、ぜひご協力をお願いいたします。m(_ _)m



[PR]

# by doorofadventure | 2017-03-14 08:45 | 2017年大会
2017年 03月 01日

春エントリー締め切り、半月前。

もうすぐ春ですね! 生まれたての子牛も元気良く走り出す気持ちいいこの季節、2017年のオフロードシーズンインは、マザー牧場のDOAからいかがでしょう。(^^)/ オフロドーニューカマー的な30歳以下男女およびALL女性のみの特別大幅割引も実施中です!
f0212326_23432604.jpg
エントリー締め切りは3/15(水)24:00まで。協賛窓口は手続きの関係上早めにクローズすることがあります。現在のエントリーは100名ほど。すでにお申込み済みの方もお早めの振込手続きをお願いいたしますね。



[PR]

# by doorofadventure | 2017-03-01 23:49 | 2017年大会
2017年 02月 10日

協賛窓口追加情報

東名高速の横浜町田ICすぐそばのハスクバーナ東名横浜様が、DOA協賛窓口に加わりました。ツーリングの帰路途中にも立ち寄りやすい場所ですね。

f0212326_18124613.jpg


DOAでのハスクバーナ車は、701Enduroの存在感が近年目立ちます。お客様用の大きなテント設営をされるということですから、ハスクバーナのラインナップが気になる方はぜひお立ち寄りください!!



[PR]

# by doorofadventure | 2017-02-10 14:07 | 2017年大会
2017年 02月 04日

協賛窓口追加情報

東京都府中市のBMWディーラーA-Big Motorrad様と、東京都杉並区のホンダドリーム 荻窪様が、DOA協賛窓口に加わりました。

f0212326_14164780.jpg
都内の方はさらにお申込みが便利になりましたね!(^^)/ モデルチェンジで注目の新1200GSと、まだまだ勢い止まらぬ新アフリカツインとうわさの250・・・。各メーカーオーナーはサポートが期待できますね。




[PR]

# by doorofadventure | 2017-02-04 14:20 | 2017年大会
2017年 02月 03日

そろそろ早期割引終了

おかげさまで好評の早期割引はそろそろ受け入れ人数枠がいっぱいに。予定より少し早いのですが、本日(2/3)23:30受付分までで早期割引適用は終了といたします。
f0212326_15461724.jpg
2/4からはいつものように、前記事の各協賛社窓口での受付のみ、割引価格適用となります。なお、早期割引期間中にお申込された方も必ず2/13の口座振込期限までにお手続きをお済ませください。期限を過ぎた場合は割引は適用されません。





[PR]

# by doorofadventure | 2017-02-03 15:54 | 2017年大会
2017年 01月 27日

KTMおよび協賛窓口ご案内(2/10追加)

f0212326_20063984.png
2017シーズンも、オフロードメーカーの雄・KTMのご協賛をいただくことになりました。

f0212326_20075712.jpg
なにはさておき、ダカールラリー16連覇(!!)はすごいです・・・まさに他の追従を許さない超安定ぶりですね。

f0212326_20094345.jpg
DOA会場では、新しいブース展示を行いたいとご相談してます。物販ブースかレースピット方式かはたまたそれ以外の・・・??

さて、KTMの全国ディーラーではこれまで同様に特別協賛割引にてDOAの受付を行います。が、まだ各店への連絡が行き届いていないため準備も整っていないので、来週後半あたりからゆるゆるとお申し込みいただければと思います。

そのほか首都圏近郊では下記リストの各社様にご対応いただいてますので、ぜひ最寄りの店舗へ足をお運びくださいますようお願い申し上げます。

店頭窓口でお申込みいただくと、割引エントリー価格が適用されます。繰り返しになりますが電話では対応していません。来店促進策のひとつでもありますので、ぜひ各店様にて直接お申し込みください。とくにはじめてDOAに参加する方は(今回多いですね!!)ラリーイベントでの時間の使い方、走り方アドバイスや、マシンセットアットアップ方法などを直接聞けるメリットもあります。こういうノウハウはやはりプロが頼りになります。

また、各店様にて新車購入後1年以内にその車両でご参加の方は、ニューカマー応援企画としてさらに大幅割引! すべての女性と30歳以下男女も大幅割引が適用されます。※新車割引に関しては各店ご担当の方とご相談の上お申し込みください。別途書類などをご提出いただく場合があります。

●DOA割引料金受付窓口● 早割期間終了後は下記店のみが割引対象窓口です。

・KTM 全国正規ディーラー

・M.S.C. Hara 原サイクル 埼玉県越谷市

・ミサイルファクトリー 神奈川県川崎市

・K & H 埼玉県朝霞市

・RULE!!MOTO 神奈川県大和市

・A-Big Motorrad 東京都府中市

・ホンダドリーム 荻窪 東京都杉並区

・ハスクバーナ東名横浜 神奈川県横浜市


※敬称略 この項目は随時追加していきます。


[PR]

# by doorofadventure | 2017-01-27 20:22 | 2017年大会
2017年 01月 26日

春のオフィシャル・スポンサー(1/26更新)

春もたくさんの協賛社様のご協力のもと、DOAを開催できます。ぜひ各社にご注目をお願いいたします。(随時更新)

f0212326_01062322.jpg
●まずは、開催地・マザー牧場。首都近郊に広大な敷地を有する、ご存知人気の観光牧場です。牛や羊、アルパカなどの動物たちと触れ合いはもちろん、抜群の眺望を誇る観覧車やゴーカート、バンジージャンプなどのアトラクションも楽しめます。前夜祭の食事は場内でのジンギスカン食べ放題!! エントラント1名分の入場料もDOA参加費に含められているうえ、同行者も割引価格にてご提供。今年はラリー前の土曜日にゆっくり観光できますね。

f0212326_17422492.jpg
●カスタムシートの老舗・K&Hにも、引き続きご協賛いただきました。ハーレーやBMW R1200GSなどで熱烈なファンを持つ同社がいまひじょうに力を入れているのが新アフリカツイン用シートの開発。足付き性向上のためにただ座面を下げるだけではなく、ライディング時の快適感や見た目のスタイリッシュさにも深い拘りを持って取り組んでいます。会場では1200GS用とともに新アフリカシートもお試しいただけるでしょう。


f0212326_01110862.jpg
●純国産ラリーメーターとして人気を博しているrc-7(あーるしーなな)。その多機能ぶりと高い信頼性で、国内のラリーシーンはもちろん、日本から世界のラリーに挑むライダー達にも近年多数採用されています。基本機能のみに絞ってリーズナブルな価格で購入できる機種でも、その後ソフトウエアアップデートによる「全機能解放」が可能という、マニアックな仕様が泣かせます。


f0212326_01153035.jpg
●チタン合金ボルトのトップブランド・ベータチタニウム(日本特殊螺旋工業株式会社)ロードレース世界選手権Moto2カテゴリーに参戦しているIDEMITSU HONDA TEAM ASIAや、全日本ロードレース選手権JSB1000クラス・ヨシムラチームへの全面供給でも知られています。軽さが勝利に直結する自転車レースでも有名どころ。当日は各種ボルトセットに加え、デモサイクルをお持ちいただけるとか。


f0212326_01243436.jpg

●こちらも純国産で定評ある電動ルートマップホルダー・N-System。2017年から完全新作の電動機をリリースとのことですが、webサイトもただいま移転作業中で連絡が取りづらいため、オーダーなどありましたらDOA経由でもどうぞ。
f0212326_01430176.jpg

DOAとのコラボレーションによるエントリー層応援企画、自作ダンボール製電動マップホルダー「DENDAN」もぜひご利用ください。


※敬称略 ※この項目随時更新

[PR]

# by doorofadventure | 2017-01-26 01:35 | 2017年大会
2017年 01月 20日

春エントリー受付、間もなく(1/22更新。開催概要追加)

1/22(日)23時より受付開始。ゲートオープンまで、あと少しだけお待ちください。
f0212326_15363368.jpg
春開催地は例年通り、千葉県富津市のマザー牧場にて。開催日程は例年と異なり、4/16の日曜開催。前日土曜日はマザー牧場観光、各車試乗会、事前受付、前夜祭。翌日曜日にラリーツーリング開催、という流れとなります。いままで日曜しか休めなかったという人もご参加できますね!

受付開始から3〜4週間程度はすべての方を早期割引適用にしたいと考えています。これまで協賛社窓口受付のみ割引対象でしたが、窓口エリア外各地から継続的にエントリーしていただいている方々が増えたので、感謝の意を込めて。早期割引期間終了後は協賛社窓口割引のみ適用となります。詳しくはエントリー受付開始時に。


開催概要

●イベント名称
Door of Adventure 2017 マザー牧場

●開催日
2017年4月15日(土)〜16日(日) 1泊1日(ラリーは1日のみ。土曜はマザー牧場観光、試乗会、前日受付および前夜祭。会場にてそのままキャンプ泊。翌日曜日にラリー開催)

●開催場所・キャンプ場
千葉県富津市「マザー牧場」内キャンプ場を拠点に房総半島全域

●開催概要
「Door of Adventure in Mother Farm 2016」は、拠点となる千葉県の観光牧場「マザー牧場」内にあるキャンプ場をスタートして1日約200km(ダート含)の距離を、コマ図やGPS、コンパスなどを使ってライダー自身のナビゲーション能力でルートを見つけて走るラリーツーリング※です。過去7回にわたって東北地方で開催してきたDoor of Adventure(DOA)の醍醐味を凝縮することで、「もっと近場で気軽にラリー体験したい」という首都圏のライダーたちの声に応えました。

◆アクセス
高速道路やアクアラインを使えば都心からでも1〜2時間でアクセスできる房総半島。いままで走ったことがある方も大勢いらっしゃるはずです。今回使用する地域のほとんどはおなじみの場所ばかりでしょう。しかし、そのおなじみの場所がコマ図やGPSなどのラリー的なデバイスを通して走ることで、まったく違う風景に様変わりする驚きと面白さをぜひご体験いただきたいと思います。ラリーというものを知る第一歩。そんなふうにこのイベントをご利用ください。

◆ルート
もちろん、海あり山ありと変化に富んだ房総のロケーションを満喫いただける多彩なルーティング。この地域を熟知したコースディレクターによる、地元の方でもあまりご存じない楽しい風景もご覧いただけるはずです。

◆ポイント
ルート上の林道群はビッグオフやトレールタイヤでも走れるレベルのダートです。東北のように行程の半分もダートにすることはできないのですが、却ってシーズンはじめの小手調べにはちょうどいいのではないでしょうか。コマ図やコンパスを用いてルートを発見していくラリーツーリングならではのセルフナビゲーションの面白さに加えて、名跡や風景などを題材にしたクイズを出題するなど、道中を多面的に楽しむ工夫も凝らされています。

◆ホスピタリティ
宿泊はキャンプで、アウトドアを満喫していただけます。スタート/ゴール会場にはキャンプ場備え付けのシャワーもあります。土曜の前夜祭はマザー牧場内のレストランにてジンギスカン食べ放題。出張カクテルバーやビールサーバーなどの飲食カウンターもご用意いたします。キャンプの夜は、地元南房総在住のアーティストによるライブ演奏や各種ムービーの上映会を予定しています。

キャンプ用のグッズをお持ちでない方やグループの皆さんが楽しめるように、アウトドアメーカーご協力のもと大型テントやタープ、テーブルセットなどをまとめてレンタルして夜を過ごせる「スペシャル・レンタルサイト」を開設します。

また、協賛各社様のご協力により、ビッグオフやEDマシンなどの試乗車やアウトドアグッズの展示を行う予定です。

※ラリーツーリングとは、配布されたマップをもとにルートを見つけて走るツーリングのことで、タイムやスピードを競うものではありません。

●参加資格・車両
使用車両に適した自動車免許を所持し、誓約書に同意でき、自らの過失を賠償できる車両保険に加入している車両で参加できる方。イベント中に発生した事故等については自己責任にてご対応ください。本イベント会場内では主催者加入のイベント保険が適用されますが、ツーリング中の公道上での事故に関して主催者は責任を負いかねます。

・車両には必ずオドメーター(積算距離計)が装備されていること
・二輪車のみ

※ツーリングルートを走れるのは、主催者がルートマップを配布した参加者のみです。参加者以外の同行者がツーリングルートを併走することはできません。

●最低催行人数
50名〜
※エントリー締切段階で最低催行人数に達しない場合、中止となる可能性があります。その際は、事務手数料(500円)を除いた全額を返金いたします。

●必須装備
・ヘルメット、ブーツ、オフロードを走ることに適したプロテクションを有するライディングウエア
・テント、シュラフなどのキャンプ道具
・ケータリングサービスを受けるための食器類
・A5幅サイズのマップが巻き取り可能なマップホルダー ※クリアファイルなどの代用品でも参加可能です。
・コンパスや方位磁石など、方位方向が分かるもの。

●賞典
ナビゲーションを評価対象とした各種部門での表彰。協賛各社提供の豪華賞品を予定。

●エントリー受付
2017年1月22日23時より公式サイト内にてエントリー受付開始予定。3月15日24時締切予定。
過去イベント記録や最新情報は公式ブログから:http://doorofadv.exblog.jp/
急ぎのお問い合わせは公式メール doorofadventure(アットマーク)gmail.com まで(リアルタイム受信しています)
フェイスブックでも情報発信中 https://www.facebook.com/pages/Door-of-Adventure/232142023503569

●エントリーフィー
・18,000円/人(含1日目夕食、キャンプ場使用料金、参加賞、マザー牧場入場券・駐車場券)
※同行者様エントリーフィー:3,000円/人(含1日目夕食、キャンプ場使用料金。ルート上を参加者と同行する場合は同一の車両への同乗に限る。マザー牧場入場券は別途特別価格にて)

※エントリー締切以降のキャンセルにつきましては返金不可となります。ご了承ください。

・早期割引(2/13 23時までのネット受付&振込済分):15,000円 ※限定枠

・協賛窓口からの割引エントリーも準備中。
協賛割引:15,000円、購入1年以内新車割引:13,000円
※随時Webサイトにて窓口追加

・ラリー体験割引
すべての女性→13,000円、すべての満30歳以下(開催当日まで)の男女→13,000円


●レンタルキャンプサイト(数量限定。エントリーフィー+別料金)
・テントやタープ、ツーバーナーやランタン、テーブルセットなどご用意。設営はセルフサービスになります。
※シュラフのみご持参ください。※現在設定調整中。予約可能になりましたら募集告知いたします。

●主催
Project Doors(Door of Adventure 実行委員会 代表:山原真治)

●後援
株式会社マザー牧場

●協賛
二輪/四輪メーカー、アウトドアギアメーカー、家電メーカー、ドリンクメーカー、ほか地元企業様のご協力をお願いしています。(随時更新)


f0212326_18452196.jpg


[PR]

# by doorofadventure | 2017-01-20 15:50 | 2017年大会
2016年 12月 22日

2017年 イベントスケジュール

"・・・飼い猫のピートは、冬になるときまって夏への扉を探しはじめる。家にたくさんあるドアのどれかが夏に通じていると信じているのだ "  R・A・ハインライン 「夏への扉」
f0212326_00302357.jpg
DOA 春 4/16 千葉県マザー牧場(土曜夜に前夜祭、日曜ラリー開催)
DOA 夏 詳細未定 首都近郊開催(新企画。すべての人にハードな1日を)
DOA 秋 10/7-8 東北地方予定(自然豊かなルートと地域のおもてなしの2日間)

吹き抜ける寒風に外出が億劫になる師走です。恋い焦がれるのは太陽の季節。来年はそんな夏への扉を一枚増やしたいと考えています。リリースは年明けになりますが、たくさんの方に楽しんでいただける内容になると思います。ご期待ください。

2017年、まずは春。今回は土曜に前夜祭、日曜ラリーとなり、例年とはタイムテーブルが逆転しましたのでご注意を。



[PR]

# by doorofadventure | 2016-12-22 01:00 | 全体概要
2016年 10月 29日

適材適所

エマージェンシーシートを開いた人だけが目にする緊急連絡先の電話番号。各CPや本部の電話はいままでイベント用のレンタルケータイをその都度借りてそこへ連絡できるようにしていましたが、今回はすべて私(主催者)個人のiPhoneへと転送されるようにしてみました。ところが今年これがけっこうな不調状態。たびたび留守電になってしまいました。

f0212326_14222439.jpg
というのもエントラントの方は御存知の通りDOA鮫川の2日間はものすごい大雨で、その雨中屋外で作業しているときにiPhoneが鳴って→レインウエアから取り出す→防水ケースからiPhone出す→タッチパネルなので手袋外す→指紋認証(なかなかできない)→タイムアウトで電話切れてる(留守電)の繰り返しであったのです。ご迷惑をおかけしました。こうなると分かっていたら直前に発表された防水の新型iPhoneを買っていたかもしれません・・・(-_-;;

f0212326_13473719.jpg
そんなことをFacebookで友人たちに嘆いたら、CASIOのガラケー時代の名機Gzシリーズが各地から届きました!! そう、電話するだけならこれでいいのです。すくなくとも本部とスゥイープ(最後尾)は来年これにまた戻そうと思っています。

日頃の街中での生活にはスマートフォンが手放せなくなりましたが、アウトドアでの作業にはこういうタフでシンプルな通信機器が必要なこともまだまだ多いと痛感した、今年の運営バックグラウンドでした。


[PR]

# by doorofadventure | 2016-10-29 14:05 | 2016年大会
2016年 10月 25日

鮫川村役場にて

あらためてイベント終了のご挨拶とご報告で、鮫川村役場をお訪ねしました。

f0212326_19295913.jpg
明治22年から続く歴代の村長に見守られて。左からご担当部署である企画調整課の星様、副村長の白坂様、そして主催者。開会式でご挨拶いただいた大楽村長は当日他用のためご不在で残念でしたが、DOA当日の拠点およびルートでの様子、エントラントのプロフィール、イベントの反応などをご報告いたしました。

f0212326_19540444.jpg
とくに参加者たちから好評だったのは充実のお料理の数々でしたね。30種類以上ものメニューを揃えていただいた夜のビュッフェ、和洋選べるぜいたくな朝食。どれも美味しくて雨天のハードなライディング疲れも吹き飛ぶほど。朝早く、夜遅くまでご準備いただいた地元おしゃべりキッチンの皆様にも感謝です。

f0212326_20001262.jpg
イベント2日間はあんなに雨続きだったのに、それ以降はずっと晴れだとか。この日も鹿角平観光牧場はすばらしい快晴。(-_-

f0212326_20000652.jpg
そして夜は、19時前には天の川がクッキリ見えるほどの満天の星空が。なぜDOAの週末はこうならなかったのか、これもまた残念なできごとでしたが、しかし鮫川村役場では「ぜひ晴天のDOAで」と次回への前向きなお話もいただけましたよ!!

f0212326_20294597.jpg
設営撤収でたいへんお世話になった、モトパーク森の森社長にもご挨拶。日本のフリースタイルモトクロスの草分け、そしていまや聖地として有名なコースですが、広大なバックカントリールートもあることは意外に知られていないかもしれません。モトクロスのみならずエンデューロライダーもぜひチャレンジしに訪れてください。

f0212326_20124311.jpg
ところで前々から気になっていたルート上にある廃工場。K&H様も目を留めていたようですが、この機会に写真撮影を。廃墟マニアの好物っぽい佇まいであることもありますが・・・

f0212326_20125236.jpg
入口付近の看板だけ鉄骨造で、建物すべては丸太組なんですね、これはめずらしい。遠からず倒壊してしまいそうで、冬を越してまた見られるのでしょうか? そんなこんなで名残惜しく鮫川村を後にしました。

f0212326_20183089.jpg
ところでランチパックが「東北でなぜ沖縄料理?」という質問をエントラントからたくさんいただいたのですが、ついつい忙しさにかまけて説明を忘れていました。今回ランチパックをお願いしたのは、いわき湯本にあるA家食堂様。じつは第一回目の川内村開催時にもランチパックをつくっていただいたご縁でもあります。おいしい沖縄料理とお酒が自慢のお店、湯本へお越しの際はぜひお立ち寄りください。




[PR]

# by doorofadventure | 2016-10-25 20:42 | 2016年大会
2016年 10月 13日

オフィシャルフォト販売

ルート上でのライディング、キャンプサイトや表彰式での姿などなど1000枚超、約4.4GBのデータ量があります。DOA鮫川村参加記念にまとめてどうぞ。
f0212326_12594966.jpg
ぜんぶで3,000円です。

カメラマンを依頼したスタッフにはなるべくエントラント全員を撮影するようお願いしました。どこかにはいなくてもどこかのロケーションには1枚は写っているはず・・・です。会場やルートの様子も含め、DOA全体の雰囲気もわかりやすいので(仮に自分が写っていなくても)2日間を振り返る手助けになると思います。

ご購入希望者はエントリーフィー振込口座へご入金後、事務局へメールでご連絡ください。ゼッケンNo. とお名前をお忘れなく!
 ↓
doorofadventure(a)gmail.com ※(a)を@に
 ↓
ご入金を確認しだい、データダウンロードアドレスをお知らせします。

お安く設定していますので、ぜひとも一人ワンセットご購入にて(お仲間とシェアするのはご遠慮を)。売り上げはすべてカメラマンのものになりますので、協力してくれたスタッフへのご援助を、ぜひぜひよろしくお願いいたします。


[PR]

# by doorofadventure | 2016-10-13 13:09 | 2016年大会
2016年 10月 13日

2016秋リザルト

入賞された皆様、おめでとうございます。(以下敬称略)
f0212326_00121886.jpg
▲手前味噌ですが、エントラントの方から特殊工具をいただいて、喜びのポーズです。

【総合】
優勝:97 ヨシカワトシフミ
2位:89 ハラヒサオ
3位:53 フジワラセイゴ

【AUTO/CAM】初設定
優勝:202 ドウワキイサオ

【DOA鮫川賞】最終完走者
72 スガワラテツヤ

【rc-7賞】
46 コジマサトシ

【N-System賞】
11 トチクボミツエ

【BMW原サイクル賞】
BMW/ハスクバーナ車での参加者から10名、他

【タービュランス賞】
80〜90年代車両参加者に

【5up賞】
会期中のパンク経験者に

【ミサイルファクトリー賞】
80年代車両に

【コールマン賞】
登山愛好家に

以下ご参考に・・・
------------------------------------
QP回答
Day1 QP1:e-Pole QP2:ぬいぐるみ(おもちゃ)
Day2 QP1:3 QP2:ジャスミンティ(ペットボトル)

f0212326_00382433.jpg
▲小ネタ)Day2QP2に当初用意していたのはこちら。荒天でどこかへ行ってしまったため、先行スタッフが急遽別のものを置いていきました。

※以下順位
f0212326_10042218.jpg
f0212326_10045220.jpg
※72以降は、CP不通過、途中リタイヤなどにより集計外となります。


[PR]

# by doorofadventure | 2016-10-13 00:44 | 2016年大会
2016年 10月 12日

イベントTシャツ販売します

f0212326_10512355.jpg
参加記念Tシャツにほんの少し余剰ができました。埼玉県越谷市の原サイクル様にて委託販売させていただいています。店頭にあるのはM/L/XLサイズのみ各5枚程度。価格は2500円です。早い者勝ちですよ!(^^)/

事務局でも多少の余りが出そうですが、余剰確定までもう少し時間がかかりますのでまずはメールにてお問い合わせください。数枚だけあるSサイズのみ、いつでも発送できます。 事務局発のSとL売り切れました 務局発は2500円+送料360円(何枚でも)です。

デザインは写真の通り、胸側が「サメ注意」看板風イベントロゴと協賛社様ロゴ。背中側は、あのこわーいサメ映画のポスターがモチーフです。


[PR]

# by doorofadventure | 2016-10-12 11:00 | 2016年大会
2016年 10月 12日

DOA鮫川、無事終了。

f0212326_00320645.jpg
▲ゆったりとした丘が連続するまるで北海道のような風景に、美しい芝のパルクフェルメ。会場となった「鹿角平観光牧場」のすばらしいロケーションを絶賛するエントラントのなんと多かったことか。ざんねんながら会期中は2日間とも雨続きでしたが、大天井のあるバンケットスペースで快適な時間を過ごすことができました。鮫川村の皆さんにご用意いただいた食事は種類も豊富で、とっても美味しかったですね!!

ご参加いただいた皆様はじめ、開催にあたって多大なるご支援とご尽力いただいた鮫川村役場様、鮫川村商工会様、鹿角平観光センター様、モトパーク森様、おしゃべりキッチン様、ご協賛いただいたKTMジャパン様、コールマンジャパン様、rc-7様、N-System様、K&H様、サインハウス様、協力窓口となっていただいた各ディーラー様、ご協賛品を提供いただいた原サイクル様、5up様、ミサイルファクトリー様、運営を支えてくれたスタッフの皆、そのほか関係するすべての皆様に深く感謝いたします。

このあとの予定)
近々に参加者への写真販売のお知らせ、最終リザルトの発表、参加者のネット投稿ご紹介などを予定しています。当イベントブログを主体に順次インフォメーションしていきます。


[PR]

# by doorofadventure | 2016-10-12 00:55 | 2016年大会