「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ルール説明( 6 )


2011年 09月 12日

[FAQ]同行者も連れてきていいの?

参加者の方はバイクで、同行者の方はクルマでというのもいいでしょう。奥様やお子様、あるいはバイクに興味があるお友達などもお誘いください。夜は地元特産の美味しい料理や、キャンプナイト、ジャズライブなどもツーリングラリー参加者同様にお楽しみいただけます。
f0212326_19494922.jpg


Q.
同行者のエントリーフィーはいくら?
A.
お一人様5000円です。お友達欄に「同行者:おなまえ」とご記入ください。

Q.
タンデムで走っていいの?
A.
参加者様のご判断にお任せします。ダート部分では苦労されるかもしれませんが、がんばってください。

Q.
先回りして写真を撮ってあげたい。
A.
ルートを走れるのはラリーツーリング参加者のみです。チェックポイントのスタッフのクルマに同乗して、そのポイントでずっと待っている、ということでしたらいっしょに行きましょう!(^^; (しかし数時間は待つと思いますよ)

Q.
キャンプ場にいてもいいの?
A.
もちろんです。出発/到着地点であるキャンプ場には本部スタッフが常駐しています。裏手に沢と滝があるので釣りもできますし、近所に温泉もいくつかあるのではしごしてもいいですし、キャンプ場には食材と調理器も豊富にありますので、なにか適当に食べて寝てもできます。町の人に聞けば、キノコのポイントも教えてくれるかと。スタッフ何人かと犬がキャンプ場(本部)に常駐しているため、そのあたりのご案内もできますのでお気になさらずにご利用ください。イベントとは別に日中はのんびり過ごされるのもいいでしょう。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。
[PR]

by doorofadventure | 2011-09-12 20:05 | ルール説明
2010年 10月 22日

【重要】コンパス持参のこと

すみません、公式インフォメーションの必携装備品からも記載が抜けていました。
Map走行時は、コンパスを必ずご持参ください。

コンパスの種類についての過去記事

f0212326_229964.jpg

[PR]

by doorofadventure | 2010-10-22 02:30 | ルール説明
2010年 10月 05日

[再録]ルートマップの読み方、GPSラリーの走り方

f0212326_212286.jpg

過去記事になってしばらく時間が経過しましたので、リンクを張ります。
コマ図やGPSに不慣れな方は、開催日まで予習をお願いいたします。

●コマ図走行・基本のキホン

●GPSラリーの走り方

[PR]

by doorofadventure | 2010-10-05 02:15 | ルール説明
2010年 09月 17日

[重要]コンパスを必ず持参してください

エントリーを予定している皆様。
過去記事内の必須装備に記入漏れがありましたのでお知らせします。

イベント当日は方位を計るコンパス(方位磁石)を必ず持参してください。DOAの走行は、基本的にコマ図によってナビゲーションを行う形式ですが、ルートの一部では指定された方位を見つけ出して先に進むセクションを設ける予定です。

使用するコンパスの精度にはそれほど高いものは求めませんが、リングの周囲に数字が刻まれたものをチョイスしてください。デジタル腕時計などに内蔵されている、矢印と数字が表示されるタイプでもかまいません。
f0212326_1239059.jpg

f0212326_13485553.jpg


この数字=CAPとは簡単に言うと東西南北を0〜360までの角度数字で表現するものです。北は0(360)、東は90、南は180、西は270。下画像内のコマ図を例に取ると、CAP40やCAP50と書かれている部分でコンパスを確認して、北東方向へ進んでいます。これは目標とするモノがないため、方位に頼らざるを得ないからです。
f0212326_1258444.jpg


距離と地形を読む楽しみに加えて、この機会に方位という地球的概念を思い出してみてください。

↓こういうコンパスでは数字がわからないので使えませんね。
f0212326_12555084.jpg


※GPS soloで参加される方はコンパス不要です。
[PR]

by doorofadventure | 2010-09-17 13:00 | ルール説明
2010年 09月 11日

[FAQ]グループ参加について

f0212326_0581012.jpg

グループ参加について、類似の質問をいくつかいただきました。
以下にFAQとしますので、エントリーご検討中の皆様のご参考にもなればと思います。

●(Q1)申込書にはグループ員をフルネームで記載する欄がありますが、代表者一人だけが申込書を届け出して、グループ員は代表者の申込書でのフルネーム名だけで良いのでしょうか?

◎(A1)グループは割引のためのものですので(現在は)、参加者個々にエントリーの手続きをお済ませください。


●(Q2)グループ員が各々、申し込みを行って、各々の申込書にグループ員のフルネームを相互に記載するのでしょうか?

◎(A2)そのとおりです。


●(Q3)グループ名称は特に必要ではありませんね? また、グループ名称をつけたいと思っても公式に記載する場所は無いですね?

◎(A3)現在はグループでの賞典は考えていませんのでとくにグループ名は必要ありません。今後なんらかの設定を行う場合は、現地で調整いたします。


●(Q4)Q1の場合、同一グループでは同じクラスしか選択ができませんね?

◎(A4)基本は個々でのエントリーですので、お好きなクラスをご選択ください。


●(Q5)Q2の場合、後からグループ員に追加をする場合、どのように貴事務局は判断なさるのでしょうか?もしくは、追加でのグループ登録は不可なのでしょうか?

◎(A5)グループ制度は料金割引のためのものです。3名以上でお申し込みいただければ、相互の申込書のお名前を確認させていただき、割引料金での入金をお願いすることになります。
グループでお申し込みいただいた後でしたら、その方々のお名前を記載した追加の方も割引料金とするのは(その旨記載いただければ)問題ないでしょう。

あとから、というのが仮に現地でのことでしたら(例:現地で偶然友人と会って、その場でグループとした。主催者に差額の返金を求める)それはエントリーが増えるきっかけになればという趣旨に反しますのでお断りさせていただきます。

また、グループで申し込みながら、3名以下での参加(締切前にキャンセル)となった場合は主催者から差額を要求することになると思います。これもまた安く済ませる仮想エントリーを防ぐためには仕方ないこととと思います。

※FAQ化としての掲載を快諾いただきました、質問者の皆様にお礼を申し上げます。
[PR]

by doorofadventure | 2010-09-11 00:50 | ルール説明
2010年 03月 26日

GPSラリー・道という概念からの解放

コマ図というものは、ラリー愛好者の間ではそれなりに認知が進んでいるので、使ったことはなくとも存在を知っている、という方も多いかもしれません。

これに対して「GPSラリー」とは、海外ラリーで使われているGPSの使い方を参考に私たちが考案した、新しい形式のラリーナビゲーション方式です。すでに国内で小規模のテスト大会を何度か行い、運用実績も積み重ねてきました。

そもそも一般的にGPSというと=カーナビを思い浮かべる方も多いでしょう。しかしこのGPSラリーで使用する機器は、登山やパラグライダーなどで使われる実用一点張りのものです。少し前の機種までは地図の表示すらできませんでした。

f0212326_205328100.jpg

○ガーミンのe-Trexシリーズです。

(つづき)GPSラリーの仕組みをくわしく見る
[PR]

by doorofadventure | 2010-03-26 21:18 | ルール説明