<   2015年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2015年 05月 31日

DOA春、終了しました。

DOAマザー牧場2015ご参加の皆様。今回も会場をきれいにお使いいただき、ありがとうございました。大きな事件事故もなくすべてのプログラムを終了。本日撤収完了いたしました。

f0212326_2162938.jpg


ご参加の皆様、ご協賛各社様、スタッフ参加の皆様に感謝申し上げます。

このあとの予定。近日中にオフィシャルカメラマンの写真データ販売を予定しています。くわしくは本ブログにて。なお、とくに順位を競うイベントではないのでリザルトの公開は行わない予定です。




[PR]

by doorofadventure | 2015-05-31 21:10 | 2015年大会
2015年 05月 27日

夜のタイムアタック!!

DOAでは時間を競うような競技はない。と、あちこちで話してきた気がしますが・・・。すみません、DOAマザー牧場では夜のタイムアタックがあります!! 

f0212326_21264728.jpg

▲昨年も大・大・大好評だった「ジンギスカン食べ放題」という名のスペシャルステージが!! 年間20万人もの来場者が召し上がるという人気メニュー。昨年はものすごい勢いで肉が消えていきました・・・あれはいったいどこへ・・・?

※こちらでしっかり予習をどうぞ。マザー牧場オフィシャルサイト

約1時間のディナータイム。競うのは積み上げた皿の高さか、メタボ脂質の数値の高さか。絶対に負けられない闘いがここにある(かも)!!

ジンギスカン・レストランでもかなりのビールが消費されたと聞いていますが、もちろんバンド演奏を聴きながらのキャンプサイトでも、万全のケータリング体制でカクテルタイムをサポートします。

f0212326_21425538.jpg

▲神奈川県大和市の「Moto&Bar RULE」さんに今年も出張バーをお願いしました。今年は暑くなりそうですね。自慢の各種カクテルに加えて、大きなビールサーバーも持ってきていただくことに。おつまみにものすごく美味な(実感)スペアリブもあるので、ぜひこちらも併せて。

f0212326_21442378.jpg

▲こちらがマスターの櫻井さん。ダカールラリーの現場をいろいろ知る男なので、話を振ると面白い話が聞けますよ。

f0212326_21512035.jpg

▲翌日は日曜日!! さんざん呑んで、シメも大事です。「MAAL・mc × ラーメン自由人」さんの屋台が就寝前の満腹感を万全に満たしてくれるでしょう。

f0212326_21532035.jpg

こんな小さな軽トラに豊富なメニューを満載。

●世界初!黒い博多ラーメン:¥600
●世界初!黒い焼きラーメン:¥500
◎白い博多ラーメン(塩トンコツ):¥600
◎白い焼きラーメン(塩トンコツ):¥500
プラストッピング

白黒・・・気になります!!



[PR]

by doorofadventure | 2015-05-27 21:39 | 2015年大会
2015年 05月 23日

5/30は1190ADV-R試乗にぜひ。オマケ付き。

DOA会場は、日中はKTM試乗会場に。鹿野山ツーリングのついでにテストライド!というのはいかがでしょうか? 

この日試乗いただいた方にはもれなく「マザー牧場優待入場券」をさしあげます!!

●会場は「マザー牧場オートキャンプ場」。●時間は10:00〜15:00まで

もちろんラリーイベントのDOAですから、なかなか試乗できないビッグオフを当日はご用意いただけるとのこと。

f0212326_1593057.jpg

▲まずはフラッグシップモデル「KTM1190Adventure-R」。フルパニアでロング&ロングツーリングはもちろん、レースフィールドで技術を磨いてきたKTMのツアラーらしくとにかく走りが際立っています。

f0212326_224388.jpg

▲ミドルサイズで頭ひとつ飛び出た存在が「KTM690Enduro-R」。ヤル気にさせる扱いやすいサイズ感とパワフルさが魅力的。

どちらのモデルも走破性を確認できるように、オフロードのルートもご案内する予定です(もちろん、ロード観光ルート・オンリーでもOK)。

エントラントの方も、もちろん試乗したいですよね!? いや、乗らずにはいられない理由が・・・!!

f0212326_2182545.jpg

▲一人に1枚かならず配るチェックシートに気になる項目が新設されました!  トライアルテストで苦労していた大型免許所有者にアドバンテージです!!




[PR]

by doorofadventure | 2015-05-23 02:24 | 2015年大会
2015年 05月 22日

参加者用インフォメーションVer.2 送りました。

エントラントの皆様。登録アドレスをご確認ください。
さあ、あと一週間ですね! 準備も追い込みに入っています!!

f0212326_321140.jpg




[PR]

by doorofadventure | 2015-05-22 03:21 | 2015年大会
2015年 05月 19日

GPSラリーもつくっています。

DOAは2010年の川内村での初開催時から、Garmin社および代々木のGPSストア様の協力を得て、手持ちのGPS機器のみでラリールートを進んでいく「GPSラリー」を参加クラスに設けていました。

f0212326_11475764.jpg

▲そもそもこれは主催者代表がファラオラリーに出場した際に、FIM支給のIriTrack+GPS機器を使って砂漠を走っている時にひらめいた仕組み。砂の中の道なき道を進めるのだから、もしかしたらこれだけでラリーを構築できるのではないかと思いついたのです。タイミングよく方位を指し示すポイントの付け方など試行錯誤を繰り返しましたが、最終的には完成度も高いものになり、かなり先駆的な取り組みになったと自負しています。

f0212326_11184351.jpg

▲マップホルダーやラリーメータの取り付けも不要。手持ちのハンディGPSを視認しやすい場所に取り付けるだけ。

f0212326_11205676.jpg

▲Garmin社のご協力でGPSレンタルも20数台用意していました。朝のセットアップの風景。

さて、DOAは中止となった「幻の第一回」を含めて、都合4回のテスト開催を事前に行っています。その最初期のものはまさにGPSだけのラリー開催を目論んだものでした。

f0212326_11253949.jpg

▲Nanso Satellite Navigation RALLY、略称NSN。最初が2008年の開催でした。その名の通り南総=南房総を舞台としたものです。DOAマザー牧場のルーツですね。

f0212326_1129415.jpg

▲皆が皆、機器を持っているわけではないので、個人の所有GPSをかき集めてレンタルも。

f0212326_1131757.jpg

▲スタッフをしてくれた友人たちが機材を持ち込んでくれました。

f0212326_11323219.jpg

▲ディナーの時間はGPSの軌跡を皆で見ます。あそこでうまいショートカットしている! あそこで迷走している!! などと他人の走り方と性格が窺えたり、ふつうのツーリングイベントではわからない共有の面白さも提案していました。

f0212326_11344429.jpg

▲エマージェンシーマップも手づくり感いっぱい。作業やダンドリもなにもかも手探りでした。しかし当時のマニュアルがDOA開催時には大いに役立ちました。

そういうテストを繰り返して開催されたDOAのGPSクラスは、レンタルもあり本当に手ぶらでラリー参加できるととても好評でした。最盛期は参加台数の半数近く、60〜70台がGPSラリーを選択していたほどです。

しかしあまりにも膨大なGPSのセットアップやメンテナンスがGarmin社にとってもかなりの負荷となってしまい、DOAでは一昨年からこのクラスは設けていません。当時を知る人からは、いまだにお問い合せをいただくのですが。

そんなGPSラリーでのルートづくり、じつはいまもマップづくりと並行して行っています。というのも紙の地図を見ながらコマ図を描くのはなかなか大変。とくにバイクに乗りながらだと。

f0212326_1150531.jpg

▲そのため、まずは国土地理院の地図を見ながらGPSラリーとしてのルートをつくり、コマ図を描くときはそれで走りながら要所でポイントをマップとして描く手順にしています。DOA当日にスタッフがルート走行する補助としても(なにしろミスコースするわけにはいきませんからね)欠かせない存在となっています。

f0212326_11523687.jpg

▲今回の試走ももちろんそういうプロセスを踏んでいますが、ときどき国土地理院の地図と実態が合わなかったり(あるいは通行できなかったり)すると、やむなく道端で臨時オフィスを開設することも。ですからネット用の携帯電波とGPSの衛星電波が届かないとかなり困ります。折りたたみ式のソーラーパネルがかなり便利で、電力はこれでほとんど賄えます。

f0212326_1201115.jpg

▲ステアリング周りの機器が一掃できてメリットもたくさん。せっかく自分がゼロから仕組みを考えて、おまけにデータもあるのだからそろそろGPSラリーも復活させたいのですが、如何せんGPSに詳しいスタッフと機材が不足気味。

我こそは!と思われる方、どなたか次回以降でもご協力いただけませんか?

f0212326_12121625.jpg

▲そんなこんなで、狭い場所で行きつ戻りつしながら・・・

f0212326_12103052.jpg

▲今日もコマ図の清書を進めています。




[PR]

by doorofadventure | 2015-05-19 12:06 | 2015年大会
2015年 05月 18日

ルート作成の旅

先週は天気も良かったので、現地へ赴きルート作成をしていました。

f0212326_17265673.jpg

▲1年経ってダートがずいぶん減ってしまったので、新道を開拓しました。深いワダチもないロング直線幅広ダート。あるところにはあるんです。

f0212326_17285236.jpg

▲GPSで下調べしていた細道にも分け入ってみます。今回は泊まりがけの荷物に加え、ノートPCやコマ図作成道具もあるためサイドパニアバッグ付きなので少々緊張します。

f0212326_17304381.jpg

▲倒木がナナメに寄りかかっているぐらいなら躊躇なく進むのですが・・・

f0212326_1731228.jpg

▲そのうち、中トトロが逃げ込んだヤブになってしまったので断念。この先あやしい生き物に出会えそうな気もしますが。

f0212326_1734198.jpg

▲ここまでがんばりましたが苦労してUターンします。

f0212326_1733171.jpg

▲忘れ去られたような場所に、掃除の行き届いた神社がありました。

f0212326_173591.jpg

▲広い踏み分け道を見つけてトライしてみましたが、見晴らしのいい尾根道で唐突に行き止まり。そういうことを繰り返します。

f0212326_17491010.jpg

▲宿舎で大幅にルートを見直しました。道具をすべて持ってきていたのが功を奏して。しかし荷物が重いです。

f0212326_17395785.jpg

▲南房総では、6月まで集中的に伐採作業が行われているとのこと。ここ数年見たことないぐらい、たくさんの丸太が林道端に積み上がっています。

f0212326_17462376.jpg

▲日程の途中では雨も。幸いすぐ止んだので雨上がりの新緑ダートを楽しみます。

f0212326_17443863.jpg

▲山でさんざんな目に遭ったあとは中間地点の海辺でひと休み。

f0212326_17454596.jpg

▲ブームのローカル線は人がいっぱい。

f0212326_17503125.jpg

▲CP予定の駅前のお店では、いまは懐かしい「硬券」を販売していました。手に持っているのが、むかし駅員さんが使っていた切符ハサミです。

f0212326_1748144.jpg

▲ながーい手掘りトンネル内でエンジン停めると不気味な静寂。

f0212326_17515935.jpg

▲ここも以前は通過できましたが、通り抜けた先がメガソーラー発電所となって立入禁止になってしまいました。ざんねんです。




[PR]

by doorofadventure | 2015-05-18 17:57 | 2015年大会
2015年 05月 08日

参加者用インフォメーション送付

エントラントの皆さん全員へお送りしました。登録メールアドレスをご確認ください。

f0212326_2384728.jpg

▲今回はVer.1となります。後日お送りする「Ver.2」はルートに関する情報の追補版となりますので、注意事項や装備品についての内容は変わりません。

※コールマンサイト希望者のうち、当選者のみにメールを差し上げました。メールが届かなかった方はざんねんながら今回ハズレです。またの機会にぜひご利用ください。




[PR]

by doorofadventure | 2015-05-08 02:39 | 2015年大会
2015年 05月 08日

ゼッケン確定

おまたせしました、参加人数確定。ゼッケンナンバーが決まりました。

全エントリー135台、同行者20名。本年も大盛況、ありがとうございます。
:レイドツアー参加者
f0212326_123362.jpg

f0212326_123883.jpg

f0212326_1285618.jpg

f0212326_123145.jpg



[PR]

by doorofadventure | 2015-05-08 01:27 | 2015年大会
2015年 05月 06日

設営アルバイト募集!!

イベント前日に会場準備をお手伝いいただける方を募集します。
f0212326_17283797.jpg


●日時:5/29(金)お昼〜16か17時くらいまで
●内容:テントやスポンサーボードなどの会場設営、書類整理程度の軽作業
●待遇:時給1000円

●募集人数:4〜5人程度。エントラントも可能

●主催者までメールでお問い合わせください。
doorofadventure(a)gmail.com
※(a)を@に置き換え



[PR]

by doorofadventure | 2015-05-06 17:36 | 2015年大会
2015年 05月 02日

オフロードにも双方向コミュニケーションを。新しいB+COMが会場で試せます

ヘルメット装着を前提に開発された、国産Bluetoothインカム「B+COM」。今回のDOAに特別協賛いただくことが決まりました。

f0212326_22575673.jpg

▲この春にリリースされたニューモデルのSB-5X。これまでのBluetoothインカムではできなかった、音楽をBGMにしながらナビの音声案内を聴きもらさず、B+COM同士の会話も可能になったグレードアップバージョンです。

f0212326_23505973.jpg

▲こうしたコミュニケーションギアが活躍するシーンとして思い浮かぶのは、まずはマスツーリング。それと、DOAでも協賛していただいているKTM-Adventureのようなビッグオフなら、タンデムライドでもパッセンジャーと風景を眺めながらの会話がきっと弾むことでしょう。まるでオープンカーでドライブするときのように。最近DOAにもお子さん連れが増えましたから、親子タンデムに興味のある方もきっと多いと思います。

そしてぜひDOAエントラントのような方々におすすめしたいのが、オフロードでの活用方法です。

f0212326_23534419.jpg

▲B+COMのヘビーユーザーでもある俳優の大鶴義丹さん、発売元サインハウス社長とともに、先日とあるクローズドのオフロードコースを走りに行きました。そのとき3人で装着していたのがB+COMでした。

f0212326_23593074.jpg

▲大鶴さんのヘルメット。オフロードメットにも違和感なく装着できます。オンロードメットとスワップして使うとのことで、ベルクロテープで簡単に取り外せるようになっています。

広大な敷地の中だったのですがはぐれても合流しやすかったり、見通しの利かないブラインドのヒルクライムなどで「アタックはちょっと待ってて!」と後続に注意を促したり。ああ、意思疎通ができるってこんなに面白いんだとあらためて思ったものです。まあ時々「う、うわああ!!!」と誰かの悲鳴(?)が耳元で響きわたることもありますけどね(^^;;

今回のDOA会場では複数のB+COMをご用意して、気軽に音質などを体験できるように準備したいと思います。





[PR]

by doorofadventure | 2015-05-02 00:12 | 2015年大会